聴覚障害者の運転に道


e0411240104.gif
「聴覚障害者の運転に道」
という記事が夕刊にあって、はじめて耳が悪いと運転ができなかった事を知りました。
しかし、ずっと疑問ではあったのです。
エアコンをかけて窓を締め切り、大音量でなくても音楽を聴きつつの運転の時、
救急車が近づいてきて聞こえなかったらどうするんだろう?
踏み切りとか、近くの車のクラクションとか・・・・・
免許を取る時、書き換えの時、どのくらい聞こえるかの検査らしきものはないし・・・。

現行の運転免許試験は聴力の合格基準を「10メートルの距離でクラクション(90デシベル)の音が聞こえること」を要件(補聴器使用可)という事は、たとえば免許の更新の時に目の検査とかの時の会話の様子で観察しているのかな?

これで、もし将来もっと聴力が悪くなったとしても、ワイドミラーなどを取り付けさえすれば
運転は続けられそうですね。(^^)v


スポンサードリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク