メニエール病の教科書と実態はあってない???

e0502080104.gif
「たけしの本当は怖い家庭の医学 診察室」は、『本当は怖い耳鳴り〜魔の洪水注意報〜』
に書いたとおり、メニエールのめまいは20分以上2時間程度(数時間?)とされてますよね。
これだと、多くの人から
「そんなはずないよ~」
「そんなの軽い人じゃないの?」
「2時間で治まるっていうのなら、かえってまわりの人に誤解される!」
という声が多いような?

私もひどい時のめまいは2時間ではちょっと無理でした。
でも、私はふわふわは続かずに普通になれました。

こんな私から、いろんな人の投稿をみるとメニエル以外にどこが悪いか?
低血圧とかうつ的不安障害的傾向とか自律神経が狂いやすいとか
睡眠不足など不規則な生活習慣とか
何かがからんでいる事も多いような気もするんですね。

だから、日常生活にどれだけ支障があるかと感じる患者側の意識と
今のお医者さんが勉強する「メニエール病」とちょっとズレがあるような?
誰かが患者側とお医者さん側の平行線を近づけてくれたらいいなと思います。
そして、治療を実態にあったようにできるといいのかもしれませんね。

スポンサードリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク