このブログについて

e0502270104.gif

このブログについて

このブログは、私、ゆんこが、メニエール病で体験した事、発病から8年ぐらいたったころにはじめた
banner-s.gif
メニエルさんたちのおしゃべりパーティー/患者からみためまい・メニエール病
このサイト運営で得られた情報をまとめました。

ゆんこの病歴

ある日、朝起きたら耳鳴りがしていました。
個人耳鼻科に行き、突発性難聴と診断され、毎日点滴に通いました。
1週間ぐらい経ったころ、はじめての回転性めまいがありました。土曜の夜だった事もあり、動けるような状態でもないので、そのまま寝ていました。結果、これでめまいは数時間寝ていれば治まる事を覚えました。

耳鳴りは残したまま、1年後に2回目の回転性めまいがあり、これで初めてメニエール病の診断となりました。それから6年ぐらいは数か月のめまい発作頻発期と何もない寛解期を繰り返します。
自分なりに、「めまいの時の裏技」も開発します!
病院は地元総合病院に通いました。
発病から7年ぐらいたったころ、毎日のようにめまい発作があり、それからまもなく大学病院に紹介状で転院する事になりました。

左耳の聴力は悪く、カロリックテストによって、左の前庭機能も悪くなっている事がわかりました。
大学病院では、鼓膜にチューブをいれ、チューブからステロイドを注射するというのを毎週10回行いました。これで状態は特に変化はありませんでした。

b0022379_0233665.gif


大学病院に行く前ぐらいから、激しい回転性は起きにくくなっていて、軽い回転性ですむようになっていました。
大学病院の医師に「それは、脳がめまいに慣れたからですよ、、、」と言われました。
b0022379_2292027.gif

発病当初から、図書館でメニエール関係の本があれば借りて読んでいたりしていました。ネットはまだまだの時です。それが逆に不安になりすぎる事がなかったのかもしれません。
大学病院に行き始めたころ、はじめてネットでメニエール病について調べたりしましたが、今から思えば情報はかなり少なかったです。
今では病院であればホームページも当たり前ですが、まだまだ、そういうサイトさえほとんどありませんでしたが、個人さんでホームページをやっているところがちらほらあって、掲示板で交流の場があって、そこではじめて同じメニエール病の人と知り合う事ができました。
ほどなく、

banner-s.gif
メニエルさんたちのおしゃべりパーティー/患者からみためまい・メニエール病


上記サイトを開設し運営し、「めまい、メニエール病」と関わってきました。
患者や関係者の交流は5年ぐらい前にいったん休止していますが、サイトはそのままにしてあります。

その時に、多くのめまい、メニエールの方からばかりでなく、耳鼻科の先生、めまい専門医の先生からもアクセスがあり、時に情報交換もし、大変勉強になりました。

このサイトのカテゴリーについて

このサイトの右側にカテゴリが表示してあります。
カテゴリー名で
「体験談~」
ではじまるのは、そのサイトの掲示板にアクセスして投稿してくれた中から特に、闘病に役にたつだろうと選んだものです。

それ以外は、私、ゆんこがサイト運営していた期間に、「めまい、メニエール、耳関係」にアンテナをはって気になる情報や感じた事などを更新していったものです。

b0022379_115851.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク