■メニエールさんたちの体験談~1

b0022379_21415458.gif

banner-s.gif
メニエルさんメニエールさんはじめとした内耳性めまい持ちさんのための応援サイト(メニエール病---めまい・耳鳴り・難聴)
このサイトで最初のころに集まった体験談からです。
--------------------------------------------------------------------------------------
気が付けば28年、もうあきらめモードというか、一生のつき合いと割り切っています。
前回から4年近く経ったのでそろそろ?と考えたのがいけなかったのかも(^^;

10年に1度くらいならいいですけどねぇ…平常時も多少の耳鳴りと難聴は残っていますが悪い時でも自分はましな方だと思います。
めまいも頭の違和感も昔入院した頃に比べれば楽ですし、わりとすぐ治まります。
ただ耳鳴りは鳴りっぱなし。
静かな時ほどうるさいというジレンマを感じますね(笑)

あまり考え過ぎずに、流れにまかせるくらいの気持ちで気楽にいくほうがいいですね。
調子が悪い時は怠けましょう(笑)
------------------------------------------------------------------------------------------
わたしの通う病院(めまいの専門病院です)では、聴力検査はあまりしません。
そのかわり、毎回電気眼振計の検査と電気性身体動揺検査をします。

私の場合、大きな発作ははっきり検査に異常がでるのですが、
そのあとにしばらく続く、浮動感や頭位性めまいの時期には
検査結果になんの異常もでないことがあります。
それに対する先生の判断は、精神的なもの、つまり気のせいだと。。。
いわゆる過呼吸のように、体の疾患からではなく、自分でめまいや浮動感を引き起こしているのだといわれます。

毎日続くフワフワ感や、寝返りのたびにぐらーっとくるのってホントつらいですよね。
こんなにつらいのに「気のせい」なんて診断されて、がっかりしますが
医学的にはそういうことらしいのです。

先生からは、めまいのことを気にするからフワフワするんだ、考えるなと叱られますが、あんなに苦しい発作、忘れるほうが難しい。。。
ということで、今は心療内科へ行ってます。
「めまいに対する予期不安からくるめまい」というややこしい説明が
わたしの眼振のでないめまいに対する心療内科の診断です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
「メニエール病」ではなく「遅発性内リンバ水腫」でした
私、「***」に、自分は「メニエール一年生」だと書きましたが、やっぱりメニエール病ではなくて「遅発性内リンバ水腫兼神経症」でした(耳鼻科の先生からの勧めで1/12に初めて心身医療科を受診してわかりました)。

「遅発性内リンバ水腫」(難病)は回転性目眩の発作が繰り返し起きるなど、病態がメニエール病とほとんど同じで、「メニエール病との鑑別が困難」(難病情報センターHPより)とされており、「メニエール病の治療に準じた薬物が用いられる」ため、私には識別できませんでした(-.-;)。

ただ、聴力変動がみられるメニエル病と違って、「遅発性内リンバ水腫」は聴覚系がすでに高度に破壊されているため、聴力変動がみられないことがあるとのこと。

それから私の発作は不安がきっかけになっているため、神経症でもあるという診断でした。カウンセリングも含めた治療が必要だとか。心身医療科の先生から、神経科・心療内科・精神科・心理カウンセリング(精神分析)が併設されたメンタルクリニックの院長に紹介状を書くから長く通院するように言われました。
-------------------------------------------------------------------------------------------
5年前に左耳の聴力が落ち、突発性難聴と言われ、落ちた聴力の変化のないまま5年間が経過、今年の3月に再度ガクンと聴力が悪化、メニエールと診断されました。

幸いめまいはまだ経験したことがないのですが、左耳の聴力はほとんどなくなってしまいました。
めまいを経験したことがないだけに、いつか来るだろう「まだ見ぬめまい」への恐れ、
良い方の耳も悪くなるかもしれないというどうしようもない不安に襲われ、
メニエールへの知識が増えるたびに先の見えないこの病気とどう付き合っていけばいいのか気持ちの整理がつかず悶々とした日々が続きました。

そんなときこのHPに辿り着き、勇気をたくさんもらい、何より主人・両親をはじめ周囲に精神的に支えられ「私は一人じゃないんだ」という少しずつ前向きな気持ちをもてるようになりました。
------------------------------------------------------------------------------------
去年突然めまいが起きて、嘔吐が止まらなくなり、行きつけの耳鼻咽喉科の医師に「メニエール症候群」と言われ、原因不明のまま。
実は今日、仕事を休んで大病院に行ってきました。

まず耳鼻咽喉科でいくつかの検査をうけましたが、まだまだいくつかの検査を受ける必要があって・・・
で、ついに仕事を辞める事になりました。
今後すべきことは、原因を突き止めることと、目まいの予防的な方法を知る事だと思っています。
------------------------------------------------------------------------------------------------
私の場合は滲出性中耳炎が治りがわるく、めまい(ぐるぐるです)の発作もでてきて今は内服薬と注射でめまいを抑えているのですがかなりふらつきます。

もともと 鼓膜の張りが悪く3歳の時から治療していたのですがそのことも要因みたいです。
今日は先生に メニエール病かもという話とシリコンのチューブを挿入して通気を良くすることも考えて欲しいといわれちょい凹んでいます。
リンパ液のながれが悪いから良くならないんですよね
利尿効果のあるもの 紅茶 小豆・・・
何とか中耳炎をなおしてシリコンのチューブ挿入も回避してと思っています。

めまいと耳鳴り・吐き気 あとものすごい不安感があります。
幸い私は左耳は平衡感覚をとろうとしてくれるので
左でコントロールしています。
----------------------------------------------------------------------------------------------
昨日、ついにメニエルと診断されました。
分からないことだらけで、とっても不安でこのサイトにたどり着きました。

私は現在「中耳炎・風邪・メニエル」とのことで、たくさん薬を貰いました。
昨日から飲んでいるので、今朝になったら余裕余裕~なんて思っていたのですが・・・
朝からグルグルが治らなくて会社を休んでしまいました。
今もグルグルしています。体を動かすとグルグルしてしまうので静かにしているのですが
パソコンのチカチカもだめだし、蛍光灯もチカチカしてもうぐったりです。

メニエルには一日数回の発作があるとの事ですが、私の場合常にグルグルしていて、
それが軽い時と強い時があるといった感じです。

点滴をうつと軽くなるので調子にのってテキパキ動くとグルグルしてしまいます。
それから、人と話をしたりしてリラックスというか、集中できる事があると比較的楽な感じです。

わたし、ほんとにメニエルなのかな?
----------------------------------------------
はじめまして。メニエルになって5年くらいになります。
知識がなく、いつか直るものと思ってたのに、なかなか良くならず更年期障害なのかとも思ってました。

ふと、インターネットで調べたらたくさんの方が罹っておられるのを知りました。
すごいめまいで倒れてからは、桟橋のうえを歩いてる様な感じとか、早く動くものを見るのが辛いとか、走って止まったときに、ふらつくとか、いろんな時にでてきます。
耳はよく聴こえます。
段々聴こえなくなるんでしょうか?今はリーゼという安定剤をもらって1日1回か2回飲みます。

メニエルになったのは勤めていた会社が倒産する時、経理を一人でしていてストレスと過労が原因になったのです。
だから、ストレスさえなくなれば、直るとおもっていたのですが、今の時代はいろんなことがあって、直ってはくれません。

薬は効いてるかよくわからないけど、飲めば大丈夫と思い飲んでいます。
心配はずっと飲んでいて大丈夫かな?と。仕事が旅行社で添乗の時になったら困るなと。
山へ行くのは今のとこ、ハイキング程度だけど、仕事で登山はむりかな。
昨日、映画を見に行ったら頭がふらついてきてアクションものだったので、見られず外で待ってました。
最初メニエルになりたての頃は映画は見れなかったけど、そのうち、慣れてきたのに、体調が悪かったのかもしれません。
みなさんのお話で少し病気のことが分かりそうです。
ちょっとでも楽になれるような気がします。
-------------------------------------------------------------------------------------------

---------------------------------------------------------------------------------------------
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーリンク









この記事へのコメント

スポンサーリンク